新鮮なリンゴ市場-成長、傾向、COVID-19の影響、および予測(2022年-2027年)

新鮮なリンゴ市場は地理学(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、南アメリカ、および中東&アフリカ)によって分割されます。レポートは、生産分析(ボリューム)、消費分析(値とボリューム)、エクスポート分析(値とボリューム)、インポート分析(値とボリューム)、および価格傾向分析を提供します。レポートは、上記のセグメントの値(USD Million)とボリューム(Metric Ton)の観点から市場規模と予測を提供します。

市場スナップショット

Fresh Apples Market
Study Period: 2017-2027
Base Year: 2021
Fastest Growing Market: Asia Pacific
Largest Market: South America
CAGR: 4 %

Need a report that reflects how COVID-19 has impacted this market and its growth?

市場概況

新鮮なリンゴの世界的な生産は、予測期間(2022年から2027年)の間に4.0%のCAGRを登録すると予測されています。

パンデミックのために、新鮮なリンゴのセクターは、生産、消費、および驚異的な市場パフォーマンスの面で苦しんでいます。封鎖制限により、このセクターは不十分な労働力と生産効率の低下に苦しんでいます。輸送上の問題により、市場のサプライチェーンシステムが壊れており、市場のパフォーマンスが低下しています。

近年、生鮮リンゴ市場は、世界中の新興国および発展途上国における生鮮食品の需要の増加を背景に、かなりの成長を遂げてきました。彼らが提供する健康上のメリットの増加、ニューハイブリッド品種の開発、契約農業の増加などの要因により、世界市場は成長を遂げています。

中国は世界市場で新鮮なリンゴの最大の消費国であり、欧州連合、米国、その他の国がそれに続きます。中国での新鮮なリンゴの消費は、人口の収入と健康意識の段階的な増加、食事の変化、マーケティングの革新、およびコールドチェーンロジスティクスの改善によって推進されています。さらに、eコマース、チェーンフルーツストア、We-chatマーチャンダイジングの発展により、フルーツの消費がより利用しやすく便利になり、それによって中国の第3および第4層都市の消費価値が高まりました。

レポートの範囲

世界の新鮮なリンゴ市場(以下、調査対象市場と呼びます)に関するレポートは、最新の市場動向に関する重要な洞察を提供します。それは、世界中の新鮮なリンゴ市場に影響を与える最近の傾向、推進力、および課題を分析します。 

新鮮なリンゴ市場は地理学(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、南アメリカ、および中東&アフリカ)によって分割されます。レポートは、生産分析(ボリューム)、消費分析(値とボリューム)、エクスポート分析(値とボリューム)、インポート分析(値とボリューム)、および価格傾向分析を提供します。レポートは、上記のセグメントの値(USD Million)とボリューム(Metric Ton)の観点から市場規模と予測を提供します。

Report scope can be customized per your requirements. Click here.

主要な市場動向

有機リンゴの需要の増加

有機リンゴの需要は、健康とウェルネスに対する消費者の関心の高まりに支えられて、世界中の消費者の間で注目を集めています。他の果物や従来の方法で栽培されたリンゴと比較して、有機リンゴは自然に糖分が少なく、繊維が多いです。したがって、この果物は、特に米国とヨーロッパ地域で、世界の消費者からの莫大な需要を目の当たりにしています。これらの地域の高所得グループは、健康状態を保護することを目的として、追加の金額を支払うことさえ進んでいます。米国のリンゴの作付面積と生産量は近年減少していますが、消費者の需要が急成長している有機リンゴ部門に拍車をかけています。認定された有機農業システムの下で管理されているリンゴは、現在、米国のリンゴの総作付面積の約7%を占めています。従来のリンゴの収穫量は有機栽培の収穫量よりも高い傾向がありますが、有機栽培のリンゴは、サプライチェーンの農場ゲート、卸売り、小売りのすべてのレベルで価格プレミアムを要求しました。過去10年間でリンゴの総生産量が減少したにもかかわらず、米国のリンゴ部門では、新種のリンゴや、価格プレミアムを獲得する有機栽培のリンゴに対する需要が急増しています。

Fresh apples market1

アジア太平洋地域がAppleの消費をリード

アジア太平洋地域は、世界市場の62%のシェアを占め、新鮮なリンゴの世界的な消費をリードしています。中国は世界最大のリンゴ生産国です。リンゴは中国で消費される最も人気のある果物です。中国は依然として世界最大のリンゴ消費国であり、消費率は4,000万トンで、総量の約48%を占めています。さらに、中国のリンゴの消費量は、米国が記録した消費量を10倍上回っています。中国は2番目に大きな消費者であり、400万トンのリンゴを消費しました。2019年、韓国の1人当たりの消費量は12%増加しました。これは、国内供給の増加と、他の国内栽培の果物に対するさまざまな健康上の利点によるリンゴの果物に対する消費者の高い嗜好によるものです。農林水産省(MAFRA)によると、2019年には

Global apple market

Recent Development

In 2021, An apple orchard in Takayama, Japan used a robot to pollinate trees. The farm robot named XAG R150 was launched in Japan after a nationwide trial, including one conducted in April 2021 at Village Takayama, Nagano Prefecture of Japan, and watched by experts from Japan Agricultural Cooperatives.

The Government of India invested in initiatives to increase yield and rejuvenate orchards in Jammu and Kashmir and Himachal Pradesh. Most of the orchards are 30 to 35 years old and require tree rehabilitation, which primarily contains Red Delicious, Royal Delicious, and Rich Red varieties. With a goal to boost production, the Government of Jammu and Kashmir has brought 240 hectares of land under its “High-density apple plantation” scheme in 2020.

In 2018, leading fresh fruit importer, IG International had introduced organic apples from Wenatchee, the United States for the first time in India. The apples are imported by the company through its association with Stemlit Growers, Northwest’s largest grower-packer-shipper of organic apples, pears, and cherries. By adding organic apples to its assortment of exotic fruits, IG International aimed to cater to the increasingly health-conscious consumer base inclined towards organic fruits and vegetables.

Table of Contents

  1. 1. 前書き

    1. 1.1 市場の定義と研究の仮定

      1. 1.2 調査の範囲

      2. 2. 研究方法

        1. 3. エグゼクティブサマリー

          1. 4. 市場のダイナミクス

            1. 4.1 市場概況

              1. 4.2 市場の推進力

                1. 4.3 市場の制約

                  1. 4.4 サプライチェーン/バリューチェーン分析

                  2. 5. 市場セグメンテーション(量による生産分析、消費分析、価値と量による輸入市場分析、価値と量による輸出市場分析と価格傾向分析)

                    1. 5.1 地理

                      1. 5.1.1 北米

                        1. 5.1.1.1 アメリカ

                          1. 5.1.1.2 カナダ

                            1. 5.1.1.3 メキシコ

                            2. 5.1.2 ヨーロッパ

                              1. 5.1.2.1 ドイツ

                                1. 5.1.2.2 ポーランド

                                  1. 5.1.2.3 イタリア

                                    1. 5.1.2.4 フランス

                                      1. 5.1.2.5 七面鳥

                                      2. 5.1.3 アジア太平洋地域

                                        1. 5.1.3.1 中国

                                          1. 5.1.3.2 韓国

                                            1. 5.1.3.3 日本

                                              1. 5.1.3.4 インド

                                              2. 5.1.4 南アメリカ

                                                1. 5.1.4.1 ブラジル

                                                  1. 5.1.4.2 アルゼンチン

                                                    1. 5.1.4.3 チリ

                                                    2. 5.1.5 中東とアフリカ

                                                      1. 5.1.5.1 南アフリカ

                                                        1. 5.1.5.2 エジプト

                                                    3. 6. 市場機会と将来の傾向

                                                      1. 7. COVID-19の市場への影響

                                                        You can also purchase parts of this report. Do you want to check out a section wise price list?

                                                        Frequently Asked Questions

                                                        フレッシュアップルマーケットマーケットは2017年から2027年まで調査されています。

                                                        フレッシュアップルマーケットは、今後5年間で4%のCAGRで成長しています。

                                                        アジア太平洋地域は、2021年から2026年にかけて最高のCAGRで成長しています。

                                                        南アメリカは2021年に最高のシェアを持っています。

                                                        80% of our clients seek made-to-order reports. How do you want us to tailor yours?

                                                        Please enter a valid email id!

                                                        Please enter a valid message!