C2塩素系溶剤市場-成長、傾向、COVID-19の影響、および予測(2022年-2027年)

市場は、タイプ(パークロロエチレン、トリクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン)、用途(航空宇宙、冷凍および空調、ドライクリーニング、金属脱脂、繊維処理、自動車用エアロゾル、およびその他の用途)、および地理(アジア)によって分割されています。 -太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、南アメリカ、中東およびアフリカ)。レポートは、上記のすべてのセグメントのボリューム(キロトン)でC2塩素系溶剤市場の市場規模と予測を提供します。

市場スナップショット

C2 Chlorinated Solvents Market - Market Summary
Study Period: 2017-2027
Base Year: 2021
Fastest Growing Market: Asia Pacific
Largest Market: Asia Pacific
CAGR: >5 %

Need a report that reflects how COVID-19 has impacted this market and its growth?

市場概況

C2塩素系溶剤の市場は、予測期間中に5%以上のCAGRで成長すると予想されます。

塩素系揮発性有機化合物(CVOC)とも呼ばれる塩素系溶剤は、さまざまな産業で広く使用されている塩素含有化合物です。冷蔵および空調、ドライクリーニング、自動車用エアロゾル、およびその他の同様の用途は、最も一般的な用途の1つです。世界中で自動車およびエアコンの需要が増加しているため、塩素系溶剤の需要は今後数年間で増加すると予想されます。 

  • 研究された市場を推進する主な要因は、脱脂用途のトリクロロエチレンの需要の増加です。
  • モントリオール議定書と京都議定書の実施、およびパークロロエチレンの使用に関する厳しい政府規制は、市場を妨げると予想されます。
  • アジア太平洋地域は、中国、インドなどの国で最大の消費量で、世界中の市場を支配しました。

Scope of the report

Chlorinated solvents are an organic solvent family with chlorine atoms in their chemical structure. The market is segmented by Type (Perchloroethylene, Trichloroethylene, 1,1,1-Trichloroethane), Application (Aerospace, Refrigeration and Air Conditioning, Dry Cleaning, Metal Degreasing, Textile Treatment, Automotive Aerosols, and Other Applications), and Geography (Asia-Pacific, North America, Europe, South America, and Middle-East and Africa). The report also covers the market size and forecasts for the graphene market in 15 countries across major regions. The report also covers the market size and forecasts for the C2 Chlorinated solvents market in major regions. For each segment, the market sizing and forecasts have been done on the basis of volume (kiloton).

Type
Perchloroethylene (PCE)
Trichloroethylene (TCE)
1,1,1-Trichloroethane (TCA)
Application
Refrigeration & Air Conditioning
Dry Cleaning
Metal Degreasing
Textile Treatment
Automotive Aerosols
Other Applications (Surface Cleaning , Electroplating, de-inking Paper, etc.)
Geography
Asia-Pacific
China
India
Japan
South Korea
Rest of Asia-Pacific
North America
United States
Canada
Mexico
Europe
Germany
United Kingdom
Italy
France
Rest of Europe
South America
Brazil
Argentina
Rest of South America
Middle-East and Africa
Saudi Arabia
South Africa
Rest of Middle-East and Africa

Report scope can be customized per your requirements. Click here.

主要な市場動向

市場を支配するパークロロエチレン

  • パークロロエチレンは、塩素化された2炭素の無極性溶媒です。炭化水素、極性溶媒、および多くの有機材料によく溶解しない有機化合物に適した溶媒です。
  • これは主に、プロパンやプロピレンなどの炭化水素、または二塩化エチレン(EDC)などの塩素化炭化水素を塩素と反応させることによって生成されます。
  • パークロロエチレンは、ドライクリーニングで頻繁に使用される溶剤です。素材や布地に塗布すると、布地に害を与えることなく、グリース、オイル、ワックスの溶解を助けます。
  • フルオロカーボングレードのパークロロエチレンは、電子機器、金属洗浄、およびドライクリーニングで使用されるクロロフルオロカーボン(CFC)、主にトリクロロトリフルオロエタン(CFC-113)の製造に使用される主要な原料です。
  • 現在、特定の炭化水素の直接塩素化は、米国で大部分のパークロロエチレンを製造するために使用されています。高温では、塩素は、触媒の使用の有無にかかわらず、メタン、エタン、プロパン、またはプロピレンなどの炭化水素と反応します。
  • さまざまな産業での用途の増加に伴い、パークロロエチレンは今後数年間で市場を支配すると予想されています。 
C2 Chlorinated Solvents Market Segmentation Trends

アメリカ合衆国が北米地域を支配する

  • 米国は世界最大の自動車生産国の1つです。OICAのデータによると、2021年の自動生産台数は約91,67,214台で、前年に比べて4%増加しました。 
  • 米国の産業は、世界最大の繊維関連製品の輸出国の1つです。繊維産業では、トリクロロエチレンは、液体をスポッティングするための担体溶媒として、また染色および仕上げの溶媒として使用されてきました。
  • 2021年の最初の10か月で、米国からの繊維およびアパレルの輸出は、前年比で18.62%増加しました。米国商務省の繊維・アパレル局のデータによると、2021年1月から10月までの輸出総額は188億300万米ドルで、前年同期の158億5,000万米ドルから増加しました。
  • メキシコとカナダは米国の繊維の最大の市場であり、総貿易の55%を占めています。
  • したがって、繊維産業の前述の傾向は、予測期間中に、国のC2塩素系溶剤の市場を牽引すると予想されます。
C2 Chlorinated Solvents Market Regional Trends

競争力のある風景

C2塩素系溶剤市場は本質的に断片化されています。市場での著名なプレーヤー(順不同)には、3M、ソルベイ、ダウ、INEOS、ウェストレイクケミカルコーポレーションなどが含まれます。

競争力のある風景

C2塩素系溶剤市場は本質的に断片化されています。市場での著名なプレーヤー(順不同)には、3M、ソルベイ、ダウ、INEOS、ウェストレイクケミカルコーポレーションなどが含まれます。

Table of Contents

  1. 1. INTRODUCTION

    1. 1.1 Study Assumptions

    2. 1.2 Scope of the Study

  2. 2. RESEARCH METHODOLOGY

  3. 3. EXECUTIVE SUMMARY

  4. 4. MARKET DYNAMICS

    1. 4.1 Drivers

      1. 4.1.1 Increasing demand of Trichloroethylene (TCE) for degreasing applications

      2. 4.1.2 Other Driver

    2. 4.2 Restraints

      1. 4.2.1 Implementation of Montreal Protocol and Kyoto Protocol

      2. 4.2.2 Stringent Government Regulations Concerning Perchloroethylene Use

    3. 4.3 Industry Value-Chain Analysis

    4. 4.4 Porter's Five Forces Analysis

      1. 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers

      2. 4.4.2 Bargaining Power of Consumers

      3. 4.4.3 Threat of New Entrants

      4. 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services

      5. 4.4.5 Degree of Competition

  5. 5. MARKET SEGMENTATION

    1. 5.1 Type

      1. 5.1.1 Perchloroethylene (PCE)

      2. 5.1.2 Trichloroethylene (TCE)

      3. 5.1.3 1,1,1-Trichloroethane (TCA)

    2. 5.2 Application

      1. 5.2.1 Refrigeration & Air Conditioning

      2. 5.2.2 Dry Cleaning

      3. 5.2.3 Metal Degreasing

      4. 5.2.4 Textile Treatment

      5. 5.2.5 Automotive Aerosols

      6. 5.2.6 Other Applications (Surface Cleaning , Electroplating, de-inking Paper, etc.)

    3. 5.3 Geography

      1. 5.3.1 Asia-Pacific

        1. 5.3.1.1 China

        2. 5.3.1.2 India

        3. 5.3.1.3 Japan

        4. 5.3.1.4 South Korea

        5. 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific

      2. 5.3.2 North America

        1. 5.3.2.1 United States

        2. 5.3.2.2 Canada

        3. 5.3.2.3 Mexico

      3. 5.3.3 Europe

        1. 5.3.3.1 Germany

        2. 5.3.3.2 United Kingdom

        3. 5.3.3.3 Italy

        4. 5.3.3.4 France

        5. 5.3.3.5 Rest of Europe

      4. 5.3.4 South America

        1. 5.3.4.1 Brazil

        2. 5.3.4.2 Argentina

        3. 5.3.4.3 Rest of South America

      5. 5.3.5 Middle-East and Africa

        1. 5.3.5.1 Saudi Arabia

        2. 5.3.5.2 South Africa

        3. 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

  6. 6. COMPETITIVE LANDSCAPE

    1. 6.1 Mergers & Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements

    2. 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis

    3. 6.3 Strategies Adopted by Leading Players

    4. 6.4 Company Profiles (Overview, Financials**, Products and Services, and Recent Developments)

      1. 6.4.1 3M

      2. 6.4.2 Solvay

      3. 6.4.3 Dow

      4. 6.4.4 Occidental Petroleum Corporation

      5. 6.4.5 INEOS

      6. 6.4.6 Westlake Chemical Corporation

      7. 6.4.7 Kem One

      8. 6.4.8 Shin-Etsu Chemical

  7. 7. MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

**Subject to Availability

You can also purchase parts of this report. Do you want to check out a section wise price list?

Frequently Asked Questions

C2塩素系溶剤市場市場は2017年から2027年まで調査されています。

C2塩素系溶剤市場は、今後5年間で5%を超えるCAGRで成長しています。

アジア太平洋地域は、2021年から2026年にかけて最高のCAGRで成長しています。

アジア太平洋地域は2021年に最高のシェアを保持しています。

3M、ソルベイ、ダウ、INEOS、ウェストレイクケミカルコーポレーションは、C2塩素系溶剤市場で事業を行っている主要企業です。

80% of our clients seek made-to-order reports. How do you want us to tailor yours?

Please enter a valid email id!

Please enter a valid message!