オピオイド市場-成長、傾向、COVID-19の影響、および予測(2022年-2027年)

世界のオピオイド市場は、製品タイプ(コデイン、フェンタニル、モルヒネ、メペリジン、メタドン、およびその他の製品タイプ)、受容体結合(強いアゴニストおよび軽度から中等度のアゴニスト)、アプリケーション(疼痛管理(癌性疼痛、神経障害性疼痛、骨関節炎))によってセグメント化されています。痛み、およびその他の痛みの管理)、寒さと咳、下痢、およびその他の用途)、および地理学(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、および南アメリカ)。レポートは、上記のセグメントの値(百万米ドル)を提供します。

市場スナップショット

Opioids Market Overview
Study Period: 2018 - 2026
Base Year: 2021
Fastest Growing Market: Asia Pacific
Largest Market: North America
CAGR: 3.5 %

Need a report that reflects how COVID-19 has impacted this market and its growth?

市場概況

世界のオピオイド市場は2020年に約19,869百万米ドルと評価され、予測期間にわたって3.5%のCAGRで2026年に244億3,500万米ドルに達すると予想されています。

世界的に、COVID-19のパンデミックは、対面での予約の減少や遠隔医療訪問の増加など、医療分野全体で多くの悪影響を示しました。COVID-19のパンデミックはまた、病院で十分な能力を維持し、ウイルスの拡散を減らすために隔離期間をもたらしました。慢性疼痛は、COVID-19のパンデミックで最も打撃を受けた分野のひとつであり、多くの患者が慢性疼痛で過負荷になり、進行中の治療が遅れました。たとえば、Indian Journal ofAnesthesia2020に掲載されたRajendraKSahoo et al。の研究記事によると、研究結果によると、痛みを伴う医師の63.16%が、患者の家族に病気を広めたり、発症させたりすることを恐れていました。 %は睡眠障害があり、1.43%の医師は落ち込んでおり、8.14%は不安感がありました。

市場の成長を促進する他の主要な要因には、癌、関節炎、腰痛、線維筋痛症、術後痛などの慢性疼痛を引き起こす疾患の蔓延の増加、オピオイドの即時放出からの徐放性製剤への傾向などがあります。ジェネリックメーカーによる乱用抑止製剤(ADF)への注目が高まっています。

オピオイドは、痛みの管理に最も効果的な薬と考えられています。さらに、慢性疼痛の管理におけるそれらの使用は、世界のほとんどの地域で標準的な慣行であると考えられています。医学的疾患の負担の増加により、オピオイド市場は予測期間にわたって成長すると予想されます。

さらに、オピオイドは、適切な鎮痛を提供するために術後の設定で重要な役割を果たします。Center for Disease Control and Prevention 2020によると、米国では3,250万人以上の患者が変形性関節症の影響を受けていました。英国では、変形性関節症の発生率が着実に増加しています。Versus Arthritisによると、2019年には、英国で45歳以上の人の18%以上が変形性膝関節症を患っていると推定されました。

International Journal of Immunopathology andPharmacology2019に掲載されたEugenioCavalliet al。の研究記事によると、世界的に、一般集団における神経障害性疼痛の有病率は3%〜17%と推定されました。したがって、オピオイド療法は中等度から重度の痛みを伴う患者の整形外科治療の主力であり、これは市場の全体的な成長を促進するのに役立ちます。ただし、オピオイドの代替としての大麻の出現と合法化、処方薬の乱用などの要因は、予測期間にわたって市場の成長を妨げると予想されます。

レポートの範囲

報告によると、オピオイドは神経系に作用して痛みを軽減する薬の一種です。それらは主に痛みの緩和と麻酔に使用されます。世界のオピオイド市場は、製品タイプ(コデイン、フェンタニル、モルヒネ、メペリジン、メタドン、およびその他の製品タイプ)、受容体結合(強力なアゴニストおよび軽度から中等度のアゴニスト)、アプリケーション(疼痛管理(癌性疼痛、神経障害性疼痛、骨関節炎))によって分割されています。痛み、および他の痛みの管理)、寒さと咳、下痢、および他のアプリケーション)、および地理学(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、および南アメリカ)。レポートは、上記のセグメントの値(百万米ドル)を提供します。

By Product Type
Codeine
Fentanyl
Morphine
Meperidine
Methadone
Other Product Types
By Receptor Binding
Strong Agonist
Mild to Moderate Agonist
By Application
Pain Management
Cancer Pain
Neuropathic Pain
Osteoarthritis Pain
Other Pain Managements
Cold and Cough
Diarrhoea
Other Applications
Geography
North America
United States (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Canada (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Mexico (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Europe
Germany (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
United Kingdom (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
France (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Italy (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Spain (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Rest of Europe (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Asia-Pacific
China (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Japan (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
India (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Australia (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
South Korea (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Rest of Asia-Pacific (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Middle-East and Africa
GCC (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
South Africa (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Rest of Middle-East and Africa (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
South America
Brazil (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Argentina (by Product Type, Receptor Binding, and Application)
Rest of South America (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

Report scope can be customized per your requirements. Click here.

主要な市場動向

強力なアゴニストは、受容体結合セグメントで大きな市場シェアを保持することが期待されています

アゴニストは、脳内の特定の受容体を誘発する薬物分子です。このアゴニストは、比較的少数の受容体のみが占有されている場合、すなわち、薬物が高い固有活性を有する場合に、有意な生理学的/薬理学的応答を生み出す。強力なアゴニストオピオイドには、フェンタニル、モルヒネ、ジヒドロモルフィノン、メペリジン、オキシコドン、およびオキシモルフォンが含まれます。

世界的に、COVID-19は健康危機を引き起こしました。COVID-19のパンデミックの間、世界的に、保健機関は感染の予防とCOVID-19患者へのサービスの提供に従事し、選択的手術と選択的診察の中止につながり、病院やペインクリニックによる疼痛サービスに影響を及ぼしました。 。

メタドンは、オピオイド薬(ヘロインなど)への依存症を効果的に治療する強力なアゴニストです。強力なアゴニストはオピオイド受容体にしっかりと結合し、オピオイド受容体は大きな構造変化を起こします。

世界的に、多くの人々が日常生活で痛みを経験しています。たとえば、カナダ慢性疼痛協会(CPAC)2019レポートの推定によると、慢性疼痛患者は、疼痛の増加に伴い生活の質の低下を経験していました。さらに、17〜31%の人が慢性的な痛みを報告しています。入院患者の50%が中等度から重度の急性の痛みを報告しています。慢性疼痛管理の年間直接医療費は、患者1人あたり10,000〜14,000米ドルでした。

市場のプレーヤーは、製品ポートフォリオを拡大するための製品の承認や開発、市場シェアを拡大​​するための拡張、コラボレーション、合併などのさまざまな戦略を採用しています。たとえば、2018年11月、AcelRx Pharmaceuticals Inc.は、DSUVIA(Dsuviaは親薬であるフェンタニルの約5〜10倍、モルヒネの500倍の強力なオピオイド鎮痛薬)の米国FDA承認を取得しました。オピオイド鎮痛薬を必要とするほど重度の急性疼痛の管理のために、医学的に監督された認定医療環境にいる成人。したがって、上記の要因により、近い将来、セグメントの成長が促進されると予想されます。

Opioids Market Latest Trends

北米は市場を支配し、予測期間中も支配し続けると予想されます

北米の市場成長を促進する主な要因には、整形外科疾患の発生率の上昇、癌や糖尿病などの慢性疾患の有病率の上昇、可処分所得の増加、老人人口の急増、およびこの地域における主要な市場プレーヤーの存在が含まれます。 。

米国では、COVID-19のパンデミックにより、医療システムはCOVID-19専用サイトと集中治療室に向けて医療リソースを再配分することを余儀なくされました。COVID-19パンデミック2020の間に、緊急ではなく外来で選択的な介入手順であった慢性疼痛サービスは、ウイルスの蔓延のリスクを減らすために、COVID-19パンデミックの間に減少または中断されました。

Best Practice and Research:Clinical AnesthesiologyJournal2020に掲載されたFilomenaPuntilloet al。の研究記事によると、慢性疼痛集団は孤立したままであり、その結果、社会的および心理的影響があります。COVID-19パンデミックの際に米国政府によって課された封鎖による疼痛サービスの停止は、慢性疼痛管理に影響を及ぼしました。

米国のがんサバイバーの人口は、がん性疼痛患者の増加に伴い急速に増加しており、市場の成長を後押ししています。たとえば、JAMA OncologyJournal2019に掲載されたChangchuanJianget al。の研究記事によると、研究結果によると、4,526人のがん生存者のうち、1,648人の被験者が慢性疼痛を患っていると報告され、768人の被験者が影響の大きい慢性疼痛を患っています( HICP)、それぞれ約539万人と251万人のがん生存者を代表しています。

カナダ政府によると、2019年には、約763万人がカナダで慢性的な痛みを感じていました。カナダでは、慢性的な痛みが精神的および肉体的健康、家族および地域社会の生活、そして経済に重大な影響を及ぼし、2019年の直接的および間接的な総費用は38.3〜404億米ドルでした。

モルヒネとコデインは、がん性疼痛に対して最も一般的に処方されるオピオイドです。2018年に、米国食品医薬品局は、オピオイド薬の誤用と乱用を減らすことを目的とした2018年の戦略的政策ロードマップを発表しました。したがって、上記の要因は、予測期間にわたって大幅な市場成長を示すと予想されます。

Opioids Market Growth Rate By Region

競争力のある風景

オピオイド市場は細分化されており、競争が激しくなっています。市場はいくつかのプレーヤーで構成されています。しかし、医薬品でのオピオイドの使用が増加しているため、特に新興市場では、より多くの企業がこの市場に参入しようとしています。しかし、厳格な法律と厳格な規制政策により、中小企業による市場浸透が妨げられています。市場のプレーヤーには、Teva Pharmaceuticals Inc.、Mallinckrodt Pharmaceuticals、Amneal Pharmaceuticals Inc.、Hikma Pharmaceuticals PLC、PurduePharmaceuticalsLPなどがあります。 

競争力のある風景

オピオイド市場は細分化されており、競争が激しくなっています。市場はいくつかのプレーヤーで構成されています。しかし、医薬品でのオピオイドの使用が増加しているため、特に新興市場では、より多くの企業がこの市場に参入しようとしています。しかし、厳格な法律と厳格な規制政策により、中小企業による市場浸透が妨げられています。市場のプレーヤーには、Teva Pharmaceuticals Inc.、Mallinckrodt Pharmaceuticals、Amneal Pharmaceuticals Inc.、Hikma Pharmaceuticals PLC、PurduePharmaceuticalsLPなどがあります。 

Table of Contents

  1. 1. INTRODUCTION

    1. 1.1 Study Assumptions

    2. 1.2 Scope of the Study

  2. 2. RESEARCH METHODOLOGY

  3. 3. EXECUTIVE SUMMARY

  4. 4. MARKET DYNAMICS

    1. 4.1 Market Overview

    2. 4.2 Market Drivers

      1. 4.2.1 Rising Prevalence of Orthopedic Diseases and Chronic Pain

      2. 4.2.2 Inclination toward Extended Release Formulations from Immediate Release of Opioids

      3. 4.2.3 Rising Focus on Abuse-deterrent Formulation (ADF) by Generic Manufacturers

    3. 4.3 Market Restraints

      1. 4.3.1 Advent and Legalization of Cannabis as an Alternative to Opioids

      2. 4.3.2 Prescription Drug Abuse

    4. 4.4 Porter's Five Force Analysis

      1. 4.4.1 Threat of New Entrants

      2. 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers

      3. 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers

      4. 4.4.4 Threat of Substitute Products

      5. 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

  5. 5. MARKET SEGMENTATION

    1. 5.1 By Product Type

      1. 5.1.1 Codeine

      2. 5.1.2 Fentanyl

      3. 5.1.3 Morphine

      4. 5.1.4 Meperidine

      5. 5.1.5 Methadone

      6. 5.1.6 Other Product Types

    2. 5.2 By Receptor Binding

      1. 5.2.1 Strong Agonist

      2. 5.2.2 Mild to Moderate Agonist

    3. 5.3 By Application

      1. 5.3.1 Pain Management

        1. 5.3.1.1 Cancer Pain

        2. 5.3.1.2 Neuropathic Pain

        3. 5.3.1.3 Osteoarthritis Pain

        4. 5.3.1.4 Other Pain Managements

      2. 5.3.2 Cold and Cough

      3. 5.3.3 Diarrhoea

      4. 5.3.4 Other Applications

    4. 5.4 Geography

      1. 5.4.1 North America

        1. 5.4.1.1 United States (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        2. 5.4.1.2 Canada (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        3. 5.4.1.3 Mexico (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

      2. 5.4.2 Europe

        1. 5.4.2.1 Germany (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        2. 5.4.2.2 United Kingdom (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        3. 5.4.2.3 France (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        4. 5.4.2.4 Italy (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        5. 5.4.2.5 Spain (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        6. 5.4.2.6 Rest of Europe (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

      3. 5.4.3 Asia-Pacific

        1. 5.4.3.1 China (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        2. 5.4.3.2 Japan (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        3. 5.4.3.3 India (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        4. 5.4.3.4 Australia (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        5. 5.4.3.5 South Korea (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        6. 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

      4. 5.4.4 Middle-East and Africa

        1. 5.4.4.1 GCC (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        2. 5.4.4.2 South Africa (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        3. 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

      5. 5.4.5 South America

        1. 5.4.5.1 Brazil (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        2. 5.4.5.2 Argentina (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

        3. 5.4.5.3 Rest of South America (by Product Type, Receptor Binding, and Application)

  6. 6. COMPETITIVE LANDSCAPE

    1. 6.1 Company Profiles

      1. 6.1.1 Mallinckrodt Pharmaceuticals LLC

      2. 6.1.2 Purdue Pharmaceuticals L.P.

      3. 6.1.3 Rhodes Technologies LP

      4. 6.1.4 Sun Pharmaceutical Industries Ltd

      5. 6.1.5 Teva Pharmaceuticals Inc.

      6. 6.1.6 Vertice Pharma LLC

      7. 6.1.7 Johnson and Johnson

      8. 6.1.8 AbbVie Inc (Allergan PLC)

      9. 6.1.9 Hikma Pharmaceuticals PLC

      10. 6.1.10 Endo Pharmaceuticals Inc.

      11. 6.1.11 Zyla Life Sciences (Egalet Corporation)

      12. 6.1.12 Amneal Pharmaceuticals Inc.

      13. 6.1.13 Pfizer Inc.

      14. 6.1.14 AcelRx Pharmaceuticals Inc

      15. 6.1.15 Archimedes Pharma

      16. 6.1.16 Cadila Healthcare (Sentynl Therapeutics Inc.)

      17. 6.1.17 Alcaliber SA

      18. 6.1.18 Verve Health Care Ltd

    2. *List Not Exhaustive
  7. 7. MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

**Competitive Landscape Covers - Business Overview, Financials, Products and Strategies, and Recent Developments

You can also purchase parts of this report. Do you want to check out a section wise price list?

Frequently Asked Questions

世界のオピオイド市場市場は2018年から2026年まで調査されています。

世界のオピオイド市場は、今後5年間で3.5%のCAGRで成長しています。

世界のオピオイド市場は2018年に19869百万米ドルと評価されています。

世界のオピオイド市場は2026年に2億4,435万米ドルと評価されています。

アジア太平洋地域は、2021年から2026年にかけて最高のCAGRで成長しています。

北米は2021年に最高のシェアを保持しています。

Teva Pharmaceuticals Inc.、Mallinckrodt Pharmaceuticals、Amneal Pharmaceuticals Inc.、Hikma Pharmaceuticals PLC、Purdue Pharmaceuticals LPは、グローバルオピオイド市場で事業を展開している主要企業です。

80% of our clients seek made-to-order reports. How do you want us to tailor yours?

Please enter a valid email id!

Please enter a valid message!