オーストラリアの商業用不動産市場-2022年までの傾向、業界の競争力および予測

南アフリカの商業用不動産市場は、タイプ(オフィス、小売、産業およびロジスティクス、ホスピタリティ、マルチファミリー)および主要都市(シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、キャンベラ、パース)によって分割されています。レポートは、上記のすべてのセグメントの価値(10億米ドル)でオーストラリアの商業用不動産市場の市場規模と予測を提供します。

市場スナップショット

Alt
Study Period: 2018-2027
Base Year: 2021
CAGR: >5.6 %

Need a report that reflects how COVID-19 has impacted this market and its growth?

市場概況

オーストラリアの商業用不動産市場の規模は2021年にXXと推定され、XX%の複合年間成長率(CAGR)で拡大すると予想されています。

オーストラリアの不動産セクターは、2020年に重大な不確実性と変革を経験しました。COVID-19は、従業員が柔軟に働くことを選択したり、電子商取引に対する消費者の需要が高まったりするなど、トレンドの加速を見ました。これは市場を混乱させ、投資家、家主、そして占領者に同様に多くの機会を生み出しました。

2022年、それはオーストラリアの商業用不動産の新時代です。低金利、持続的な政府の刺激、そしてパンデミックの封鎖から生まれた人口は現金化され、支出を熱望しています。

商業用不動産投資家にとって、この見通しは、安価な債務、構造変化、および実物資産への割り当て不足に支えられて、有望に見えます。

Scope of the report

Commercial real estate (or CRE) is a property that is used exclusively for business or workplace purposes or to generate cash flow in some way for the owner or lessee. Commercial Real Estate Market in South Africa is segmented by Type (Office, Retail, Industrial and Logistics, Hospitality, and Multi-Family) and by Key cities (Sydney, Melbourne, Brisbane, Adelaide, Canberra and Perth). The report offers market size and forecasts for the Commercial Real Estate Market in Australia in Value (USD Billion) for all above segments.

By Type
Offices
Retail
Industrial and logistics
Multi-family
Hospitality
By City
Sydney
Melbourne
Brisbane
Adelaide
Canberra
Perth

Report scope can be customized per your requirements. Click here.

主要な市場動向

低金利

記録的な低金利と緩和的な中央銀行の政策は、予見可能な将来にとどまるためにここにあります。
言うまでもなく、低金利は不動産などの資本集約的な資産を強力にサポートしますが、これにはいくつかのメカニズムがあります。低金利は投資家の資金調達を安くし、現金や債券投資の利用可能な利回りを低下させます。不動産をより魅力的に見せ、ビジネスと消費者の活動を支えます。

今後2〜3年間の債券利回りは、長期平均の下限にとどまる可能性がありますが、商業用不動産は4〜5%の利回りがあり、リスクフリーレートに200〜300ベースのスプレッドが提供されます。健康的なリスクプレミアム。

オーストラリア準備銀行は、予想通り、2022年3月の会合で15か月連続でキャッシュレートを過去最低の0.1%に据え置きました。ウクライナでの戦争は不確実性の主要な新たな原因であると述べながら、政策立案者は、世界のエネルギー市場の最近の発展と進行中の供給サイドの問題を背景に、オーストラリアのインフレの回復がどれほど持続するかについて予測不可能性を繰り返した。

Intrest Rates

投資の増加

オーストラリアでの商業用不動産取引の価値は、ロジスティクス取引の急増を受けて、今年はCOVID以前のレベルに戻る見通しです。

ロジスティクスブームに乗ろうとしている推定500億米ドルの資本の壁は、他の収入のある不動産資産クラスに対する依然として強い需要とともに、2021年の力強い回復の基盤を提供しました。

ESRによるマイルストーンロジスティクスポートフォリオの記録的な38億米ドルの買収に牽引され、産業およびロジスティクスの売上高は、今年の最初の9か月で130億米ドルに増加し、2020年通年の53億米ドルの2倍以上になりました。

オンライン販売の増加と封鎖制限のために多くのモールが依然として苦戦しているにもかかわらず、小売投資活動も回復しています。

Major Investments

競争力のある風景

オーストラリアの商業用不動産市場は強力で競争が激しい。インドの商業用不動産は、堅調なオフィススペースの占有、空室レベルの低下、および賃貸料の上昇により、世界の機関投資家にとって好ましい目的地になりつつあります。小規模の開発者も大規模な不動産開発者と合併したり、市場から撤退したりしています。国の主要な商業用不動産プレーヤーには、レンドリースコーポレーション、センターグループリミテッド、ミルバック、パクトコンストラクションおよびマルチプレックスコンストラクションズPtyLtdが含まれます。

競争力のある風景

オーストラリアの商業用不動産市場は強力で競争が激しい。インドの商業用不動産は、堅調なオフィススペースの占有、空室レベルの低下、および賃貸料の上昇により、世界の機関投資家にとって好ましい目的地になりつつあります。小規模の開発者も大規模な不動産開発者と合併したり、市場から撤退したりしています。国の主要な商業用不動産プレーヤーには、レンドリースコーポレーション、センターグループリミテッド、ミルバック、パクトコンストラクションおよびマルチプレックスコンストラクションズPtyLtdが含まれます。

Table of Contents

  1. 1. INTRODUCTION

    1. 1.1 Study Assumptions

    2. 1.2 Scope of the Study

  2. 2. RESEARCH METHODOLOGY

  3. 3. EXECUTIVE SUMMARY

  4. 4. MARKET INSIGHTS AND DYNAMICS

    1. 4.1 Current Economic Scenario and Consumer Sentiment

    2. 4.2 Commercial Real Estate Buying Trends - Socioeconomic and Demographic Insights

    3. 4.3 Government Initiatives and Regulatory Aspects for Commercial Real Estate Sector

    4. 4.4 Insights on Existing and Upcoming Projects

    5. 4.5 Insights on Interest Rate Regime for General Economy and Real Estate Lending

    6. 4.6 Insights on Rental Yields in the Commercial Real Estate Segment

    7. 4.7 Insights on Capital Market Penetration and REIT Presence in Commercial Real Estate

    8. 4.8 Insights on Public-Private Partnerships in Commercial Real Estate

    9. 4.9 Insights on Real Estate Tech and Startups Active in the Real Estate Segment (Broking, Social Media, Facility Management, Property Management)

    10. 4.10 Impact of COVID-19 on the Market

    11. 4.11 Market Drivers

    12. 4.12 Market Restraints

    13. 4.13 Market Opportunities

    14. 4.14 Value Chain / Supply Chain Analysis

    15. 4.15 Porters five Force Analysis

      1. 4.15.1 Threat of New Entrants

      2. 4.15.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers

      3. 4.15.3 Bargaining Power of Suppliers

      4. 4.15.4 Threat of Substitute Products

      5. 4.15.5 Intensity of Competitive Rivalry

  5. 5. MARKET SEGMENTATION (Market Size By Value)

    1. 5.1 By Type

      1. 5.1.1 Offices

      2. 5.1.2 Retail

      3. 5.1.3 Industrial and logistics

      4. 5.1.4 Multi-family

      5. 5.1.5 Hospitality

    2. 5.2 By City

      1. 5.2.1 Sydney

      2. 5.2.2 Melbourne

      3. 5.2.3 Brisbane

      4. 5.2.4 Adelaide

      5. 5.2.5 Canberra

      6. 5.2.6 Perth

  6. 6. COMPETITIVE LANDSCAPE

    1. 6.1 Overview (Market Concentration and Major Players)

    2. 6.2 Company Profiles

      1. 6.2.1 Lendlease Corporation

      2. 6.2.2 Scentre Group Limited

      3. 6.2.3 Mirvac

      4. 6.2.4 Pact Construction

      5. 6.2.5 Multiplex Constructions Pty Ltd

      6. 6.2.6 Meriton Apartments Pty Ltd

      7. 6.2.7 Stockland

      8. 6.2.8 Frasers Property

      9. 6.2.9 Pellicano Builders

      10. 6.2.10 Qube Property Group Pty Ltd*

    3. *List Not Exhaustive
    4. 6.3 Other Companies

  7. 7. FUTURE OF THE MARKET

  8. 8. APPENDIX

**Subject to Availability

You can also purchase parts of this report. Do you want to check out a section wise price list?

Frequently Asked Questions

オーストラリアの商業用不動産市場市場は2018年から2027年まで調査されています。

オーストラリアの商業用不動産市場は、今後5年間で5.6%を超えるCAGRで成長しています。

Lendlease Corporation、Scentre Group Limited、Mirvac、Pact Construction、Multiplex Constructions PTY Ltdは、オーストラリアの商業用不動産市場で事業を行っている主要企業です。

80% of our clients seek made-to-order reports. How do you want us to tailor yours?

Please enter a valid email id!

Please enter a valid message!