抗生物質市場-成長、傾向、COVID-19の影響、および予測(2022年-2027年)

抗生物質市場は、製品(セファロスポリン、ペニシリン、フルオロキノロン、マクロライド、カルバペネム、アミノグリコシド、スルホンアミド、およびその他の製品タイプ)、スペクトル(広域スペクトル抗体および狭スペクトル抗体)、および地理(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋)によって分割されます。 、中東およびアフリカ、および南アメリカ)。レポートは、上記のセグメントの値(百万米ドル)を提供します。

市場スナップショット

Antibiotics Market  Overview
Study Period: 2019-2027
Base Year: 2021
Fastest Growing Market: Asia Pacific
Largest Market: North America
CAGR: 5.1 %

Need a report that reflects how COVID-19 has impacted this market and its growth?

Market Summary

The antibiotics market was valued at USD 47,150.78 million in 2021, and it is expected to reach USD 63,017.22 million by 2027, registering a CAGR of 5.10% during the forecast period.

COVID-19 impacted the global supply chain of pharmaceuticals, affecting the antibiotics market. However, many antibiotics were initially used to treat COVID-19 and are widely prescribed and studied as the COVID-19 remedy. For instance, in March 2020, Pfizer announced positive data for using its azithromycin (Zithromax) drug, along with hydroxychloroquine, in a coronavirus (COVID-19) clinical trial performed in France. There was a huge demand for antibiotics during the COVID-19 pandemic, which also impacted the studied market of antibiotics. For instance, according to a July 2021 published article titled, “Sales of antibiotics and hydroxychloroquine in India during the COVID-19 epidemic: An interrupted time series analysis”, COVID-19 contributed to about 216 million excess doses of non-CAF (child-appropriate formulations) of antibiotics in total and 38 million excess doses of azithromycin between June and September 2020 in India.

The rising prevalence of bacterial infections and the need for effective and newer antibiotics are driving the demand for advanced antibiotics. For instance, according to the October 2021 report of the World Health Organization (WHO), about 1.5 million people worldwide died because of tuberculosis (TB) in 2020, and approximately 10 million people fell ill with TB globally. As per the same source from WHO, of the estimated new cases of tuberculosis in 2020, 1.1 million were in children, and 86% of the TB cases were reported from the 30 high TB burden countries. One-third of the total cases were reported from eight countries, including India, China, Indonesia, Philippines, Pakistan, Nigeria, Bangladesh, and South Africa.

With the urbanization and destruction of natural habitats, climate change, and changing ecosystems, the rate of emergence of infectious diseases has increased recently. The population group primarily affected by these infectious diseases is people aged 65 and more (geriatric population). They are more prone to contracting infection due to their less responsive immune system. Thus, the growing geriatric population around the world is further expected to increase the demand for antibiotics worldwide and augment the growth in the antibiotics market over the forecast period. For instance, as per the World Population Ageing Highlight 2020 report published by the United Nations, the global geriatric population is expected to increase from 727 million in 2020 to 1.5 billion by 2050, which is an almost two-fold increase as the share of the geriatric population in 2020 was about 9.3%, which is projected to increase to 16% by 2050. Thus, with the growing aging population, the burden of infectious diseases is expected to increase, complementing the growth of the studied market during the forecast period.

The emergence of anti-MRSA/VRE drugs, increasing awareness about infectious diseases, and the government’s initiatives in improving the availability of antibiotics around the world for various diseases are further expected to augment the growth of the antibiotics market. However, factors such as the growing prevalence of antibiotics resistance, regulatory constraints, and decreasing number of companies involved in the research of antibiotics are expected to impede the growth of the antibiotics market over the forecast period of the study.

レポートの範囲

抗生物質とは、細菌を殺すことによって感染症を治療するために使用される薬を指します。これらは、主に外来患者の設定で、細菌感染と戦うために世界中で最も処方されたコースの1つです。市場は、製品(セファロスポリン、ペニシリン、フルオロキノロン、マクロライド、カルバペネム、アミノグリコシド、スルホンアミド、およびその他の製品タイプ)、スペクトル(広域スペクトル抗体および狭スペクトル抗体)、および地理(北米、ヨーロッパ、アジア-太平洋、中東、アフリカ、および南アメリカ)。市場レポートはまた、世界の主要な地域にわたる17カ国の推定市場規模と傾向をカバーしています。レポートは、上記のセグメントの値(百万米ドル)を提供します。

By Product Type
Cephalosporins
Penicillins
Fluroquinilones
Macrolides
Carbapenems
Aminoglycosides
Sulfonamides
Other Product Types
By Spectrum
Broad-spectrum Antibiotics
Narrow-spectrum Antibiotics
Geography
North America
United States
Canada
Mexico
Europe
Germany
United Kingdom
France
Italy
Spain
Rest of Europe
Asia-Pacific
China
Japan
India
Australia
South Korea
Rest of Asia-Pacific
Middle-East and Africa
GCC
South Africa
Rest of Middle-East and Africa
South America
Brazil
Argentina
Rest of South America

Report scope can be customized per your requirements. Click here.

主要な市場動向

セファロスポリンは、予測期間にわたって抗生物質市場で主要な市場シェアを保持すると予想されます

セファロスポリンは、細菌の細胞壁に存在するペプチドグリカンの合成を阻害するのに役立つベータラクタム系抗生物質の一種であり、グラム陽性菌とグラム陰性菌による幅広い感染症の管理に使用されます。これらの抗生物質は、肺炎、皮膚感染症、耳の感染症、髄膜炎、上気道感染症などの治療に一般的に使用されています。

最初のセファロスポリンは1945年に発見され、時とともに、さまざまな細菌に対するセファロスポリンの有効性を改善するための多くの進歩がありました。それぞれの進歩は世代と呼ばれ、現在、セファロスポリンには5世代あります。セファロスポリンは、その幅広い適用性と柔軟な投与経路(経口または静脈内)により、世界中で処方され、広く使用されています。これは、抗生物質市場での成長の主な要因です。また、感染症の発生率の増加に伴い、企業は製品の提供を進化させ、新しい製品を発売しています。これは、長年にわたって調査対象市場の成長に大きな影響を与えると予想されます。たとえば、2019年11月、

多くの研究でセファロスポリンの異なる世代がCOVID-19に対して評価され、それらの研究から肯定的な結果が観察されたように、COVID-19の出現もセファロスポリンセグメントに影響を与えると予想されます。たとえば、2021年10月に発表された「COVID-19患者の管理におけるセフタジジムとセフェピムの有効性:エジプトからの単一施設報告」というタイトルの調査研究によると、COVID-19患者への抗生物質の使用はかなりの治療上の利点を示しています特に、重度の肺炎の患者、またはグルココルチコイドまたは他の免疫抑制療法を受けている患者では、セフタジジムとセフェピムの両方がCOVID-19に対して非常に優れた阻害活性を示しました。そして、セフタジジムとセフェピムの転用は、中等度から重度のCOVID-19患者の症状の改善に非常に効果的であると結論付けました。したがって、上記のこれらの要因により、セファロスポリンセグメントは成長し、研究の予測期間にわたって抗生物質市場で主要なシェアを占めると予想されます。

Global

北米は、予測期間にわたって抗生物質市場を支配すると予想されます

北米は抗生物質の市場を支配しており、感染症の高い負担と高齢化人口の増加による地域での抗生物質の高い需要と消費により、予測期間にわたって同様の傾向を示すと予想されます。

たとえば、米国疾病予防管理センター(CDC)の2021年10月の更新によると、2020年に米国で約7,174件の結核(TB)の新規症例が報告されました。同じ情報源によると、結核の有病率はヒスパニックまたはラテン系の人々の間で最も高いと報告されており、国内で報告された結核の総症例の約30%を占めています。したがって、国の新しい結核症例の存在は、地域での抗生物質の需要を促進すると予想され、それは地域で研究された市場の成長を促進する可能性があります。

この地域での抗生物質の需要を補完する他の主要な要因は、感染症にかかりやすい老人人口の増加です。たとえば、国連が発行した2019年の世界人口高齢化ハイライトレポートによると、米国の老人(65歳以上)の人口は53,340,00人でした。カナダでは6,602,000、メキシコでは9,462,000です。2050年までに、メキシコで26,416,000、カナダで11,436,000、米国で84,813,000に増加すると予測されています。

さらに、北米では、感染症の有病率と発生率が高く、抗生物質が広く入手可能であるため、予測期間中、米国は抗生物質市場で大きなシェアを占めると予想されます。たとえば、ミズーリ大学の研究者が発表した「市中肺炎」に関する調査研究によると、市中肺炎の年間発生率は、成人10,000人あたり24.8例と報告されています。発生率は年齢が上がるにつれて増加します。米国疾病予防管理センターの2021年11月の記事によると、風邪は毎年米国の何百万人もの人々に影響を及ぼしています。大人は平均して毎年2〜3回風邪をひき、子供はさらに風邪をひきます。したがって、国の細菌感染症の高い負担のために、

Antibiotics Market  Growth by Region

競争力のある風景

抗生物質市場は非常に競争が激しく、いくつかの主要なプレーヤーで構成されています。市場シェアに関しては、現在、市場を支配している主要なプレーヤーはほとんどありません。しかし、技術の進歩と製品の革新により、中小企業は新製品をより低価格で導入することで市場での存在感を高めています。GlaxoSmithKline、Pfizer PLC、Bayer AG、Novartis AG、Abbott Inc.などの企業は、抗生物質市場で大きな市場シェアを持っています。

競争力のある風景

抗生物質市場は非常に競争が激しく、いくつかの主要なプレーヤーで構成されています。市場シェアに関しては、現在、市場を支配している主要なプレーヤーはほとんどありません。しかし、技術の進歩と製品の革新により、中小企業は新製品をより低価格で導入することで市場での存在感を高めています。GlaxoSmithKline、Pfizer PLC、Bayer AG、Novartis AG、Abbott Inc.などの企業は、抗生物質市場で大きな市場シェアを持っています。

Table of Contents

  1. 1. INTRODUCTION

    1. 1.1 Study Assumptions and Market Definition

    2. 1.2 Scope of the Study

  2. 2. RESEARCH METHODOLOGY

  3. 3. EXECUTIVE SUMMARY

  4. 4. MARKET DYNAMICS

    1. 4.1 Market Overview

    2. 4.2 Market Drivers

      1. 4.2.1 Emergence of Anti-MRSA/VRE Drugs

      2. 4.2.2 Increasing Burden of Infectious Diseases​

      3. 4.2.3 Vulnerable Aging Population

    3. 4.3 Market Restraints

      1. 4.3.1 Antibiotic Resistance

      2. 4.3.2 Fewer Companies Involved in Active Research

      3. 4.3.3 Longer Duration for the Regulatory Approval​

    4. 4.4 Porter’s Five Forces Analysis

      1. 4.4.1 Threat of New Entrants

      2. 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers

      3. 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers

      4. 4.4.4 Threat of Substitute Products

      5. 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

  5. 5. MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)

    1. 5.1 By Product Type

      1. 5.1.1 Cephalosporins

      2. 5.1.2 Penicillins

      3. 5.1.3 Fluroquinilones

      4. 5.1.4 Macrolides

      5. 5.1.5 Carbapenems

      6. 5.1.6 Aminoglycosides

      7. 5.1.7 Sulfonamides

      8. 5.1.8 Other Product Types

    2. 5.2 By Spectrum

      1. 5.2.1 Broad-spectrum Antibiotics

      2. 5.2.2 Narrow-spectrum Antibiotics

    3. 5.3 Geography

      1. 5.3.1 North America

        1. 5.3.1.1 United States

        2. 5.3.1.2 Canada

        3. 5.3.1.3 Mexico

      2. 5.3.2 Europe

        1. 5.3.2.1 Germany

        2. 5.3.2.2 United Kingdom

        3. 5.3.2.3 France

        4. 5.3.2.4 Italy

        5. 5.3.2.5 Spain

        6. 5.3.2.6 Rest of Europe

      3. 5.3.3 Asia-Pacific

        1. 5.3.3.1 China

        2. 5.3.3.2 Japan

        3. 5.3.3.3 India

        4. 5.3.3.4 Australia

        5. 5.3.3.5 South Korea

        6. 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific

      4. 5.3.4 Middle-East and Africa

        1. 5.3.4.1 GCC

        2. 5.3.4.2 South Africa

        3. 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa

      5. 5.3.5 South America

        1. 5.3.5.1 Brazil

        2. 5.3.5.2 Argentina

        3. 5.3.5.3 Rest of South America

  6. 6. COMPETITIVE LANDSCAPE

    1. 6.1 Company Profiles

      1. 6.1.1 GlaxoSmithKline PLC

      2. 6.1.2 Johnson & Johnson Inc.

      3. 6.1.3 Merck & Co. Inc.

      4. 6.1.4 Pfizer Inc.

      5. 6.1.5 Bayer Healthcare AG

      6. 6.1.6 Novartis AG

      7. 6.1.7 Sanofi SA

      8. 6.1.8 Abbott Laboratories

      9. 6.1.9 F. Hoffmann-La Roche AG

      10. 6.1.10 Otsuka Pharmaceutical Co. Ltd

      11. 6.1.11 Eli Lilly and Company

      12. 6.1.12 Daiichi Sankyo

      13. 6.1.13 Astellas Pharma

      14. 6.1.14 Melinta Therapeutics Inc.

    2. *List Not Exhaustive
  7. 7. MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

**Competitive Landscape covers- Business Overview, Financials, Products and Strategies and Recent Developments

You can also purchase parts of this report. Do you want to check out a section wise price list?

Frequently Asked Questions

世界の抗生物質市場市場は2019年から2027年まで調査されています。

世界の抗生物質市場は、今後5年間で5.1%のCAGRで成長しています。

世界の抗生物質市場は2019年に41151百万米ドルと評価されています。

世界の抗生物質市場は2027年に63017百万米ドルと評価されています。

アジア太平洋地域は、2021年から2026年にかけて最高のCAGRで成長しています。

北米は2021年に最高のシェアを保持しています。

Merck&Co。Inc.、Bayer AG、GlaxoSmithKline PLC、Pfizer Inc、Abbott Laboratoriesは、世界の抗生物質市場で事業を展開している主要企業です。

80% of our clients seek made-to-order reports. How do you want us to tailor yours?

Please enter a valid email id!

Please enter a valid message!