アジア太平洋地域のポータブルX線装置市場-成長、傾向、COVID-19の影響、および予測(2022年-2027年)

アジア太平洋地域のポータブルX線装置市場は、技術(アナログおよびデジタルX線)、アプリケーション、装置の種類、および地理学に基づいて分割されています。

市場スナップショット

apac port
Study Period: 2018 - 2026
Base Year: 2021
CAGR: 5.1 %

Need a report that reflects how COVID-19 has impacted this market and its growth?

市場概況

アジア太平洋地域のポータブルX線装置市場は、技術の進歩、主要な市場プレーヤーの存在、および早期の診断と治療を必要とする慢性疾患の負担の増大により、目覚ましい成長が見込まれています。

さらに、老化プロセスは一般に、慢性疾患のリスクの増加と骨や筋肉の衰弱の発症に関連しています。高齢の患者さんは、整形外科疾患、肺障害、腹部疾患など、さまざまな疾患を発症するリスクが高くなります。 

2018年には、1億2500万人が80歳以上でした。2050年までに、ほぼ1億2000万人が中国だけを占めると予想されていますが、この年齢層には世界中で約4億3400万人がいると思われます。2050年までに、高齢者の総数の80%が低中所得国に住むと予想されています。 

Scope of the report

As per the scope of this report, a portable x-ray device is a wireless digital X-ray imaging device for mobile health providers such as doctors and first aid workers in field situations, during home care and in old age homes, as well as for medically oriented aid organizations, ships and offshore platforms. X-rays are a form of electromagnetic radiation of high energy and very short wavelength, which are able to pass through materials and solid objects, including the body.

Report scope can be customized per your requirements. Click here.

主要な市場動向

注目に値する成長が期待されるデジタルX線

現在のシナリオでは、デジタルX線システムの採用率は、アナログシステムよりも優れているにもかかわらず、100%ではありません(またはそれに近い)。ただし、このシナリオはすぐに変わると予想され、X線装置市場は将来的にほぼ完全にデジタルX線システムによって支配される可能性があります。

デジタルX線は、患者のスループット率が高い、画像取得率が速い、画質が良い、放射線リスクが低いなどの要因により、市場で最大のシェアを占めています。 

さらに、デジタルX線技術の技術的進歩は、安全性から治療結果の改善に至るまで、複数の利点を提供します。さらに、アジア太平洋地域の慢性疾患の増大する負担は、予測期間にわたってセグメント市場の成長を後押しすると予想されます。

asia breast cancer 2.png

競争力のある風景

アジア太平洋地域のポータブルX線装置の主要なプレーヤーは、Canon Inc.、Carestream Health Inc、Fujifilm Holdings Corporation、GE Healthcare、Hitachi Ltd、Hologic Inc、Koninklijke Philips NV、Samsungなどです。

Table of Contents

  1. 1. 前書き

    1. 1.1 研究成果物

      1. 1.2 研究の仮定

        1. 1.3 調査の範囲

        2. 2. 研究方法

          1. 3. エグゼクティブサマリー

            1. 4. 市場のダイナミクス

              1. 4.1 市場概況

                1. 4.2 市場の推進力

                  1. 4.2.1 診断を必要とする病気の増加する負担

                    1. 4.2.2 技術の進歩

                    2. 4.3 市場の制約

                      1. 4.3.1 デバイスの高コスト

                      2. 4.4 ポーターのファイブフォース分析

                        1. 4.4.1 新規参入の脅威

                          1. 4.4.2 バイヤー/消費者の交渉力

                            1. 4.4.3 サプライヤーの交渉力

                              1. 4.4.4 代替製品の脅威

                                1. 4.4.5 競争の激しさ

                              2. 5. 市場セグメンテーション

                                1. 5.1 テクノロジー別

                                  1. 5.1.1 アナログX線

                                    1. 5.1.2 デジタルX線

                                    2. 5.2 アプリケーション別

                                      1. 5.2.1 歯科用X線

                                        1. 5.2.2 マンモグラフィ

                                          1. 5.2.3 胸部X線

                                            1. 5.2.4 腹部X線

                                            2. 5.3 モダリティ別

                                              1. 5.3.1 ハンドヘルドX線装置

                                                1. 5.3.2 モバイルX線装置

                                                2. 5.4 地理

                                                  1. 5.4.1 アジア太平洋地域

                                                    1. 5.4.1.1 中国

                                                      1. 5.4.1.2 日本

                                                        1. 5.4.1.3 インド

                                                          1. 5.4.1.4 オーストラリア

                                                            1. 5.4.1.5 韓国

                                                              1. 5.4.1.6 その他のアジア太平洋

                                                          2. 6. 競争力のある風景

                                                            1. 6.1 会社概要

                                                              1. 6.1.1 富士フイルムホールディングス株式会社

                                                                1. 6.1.2 Hitachi, Ltd.

                                                                  1. 6.1.3 ロイヤルフィリップスNV

                                                                    1. 6.1.4 サムスングループ

                                                                      1. 6.1.5 Shimadzu Corporation

                                                                        1. 6.1.6 シーメンスAG

                                                                          1. 6.1.7 Hologic、Inc.

                                                                            1. 6.1.8 ケアストリームヘルス株式会社

                                                                              1. 6.1.9 キヤノン株式会社

                                                                                1. 6.1.10 GE Healthcare

                                                                              2. 7. 市場機会と将来の傾向

                                                                                **Competitive Landscape covers- Business Overview, Financials, Products and Strategies, and Recent Developments

                                                                                You can also purchase parts of this report. Do you want to check out a section wise price list?

                                                                                Frequently Asked Questions

                                                                                アジア太平洋地域のポータブルX線装置市場市場は2018年から2026年まで調査されます。

                                                                                アジア太平洋地域のポータブルX線装置市場は今後5年間で5.1%のCAGRで成長しています。

                                                                                Samsung Group、Carestream Health、Koninklijke Philips NV、Fujifilm Holdings Corporation、Hitachi、Ltd.は、アジア太平洋地域のポータブルX線装置市場で事業を展開している主要企業です。

                                                                                80% of our clients seek made-to-order reports. How do you want us to tailor yours?

                                                                                Please enter a valid email id!

                                                                                Please enter a valid message!