インドネシアの作物保護化学物質市場-成長、傾向、COVID-19の影響、および予測(2022年-2027年)

インドネシアの作物保護化学品市場は、原産地(合成およびバイオベース)、製品タイプ(除草剤、殺虫剤、殺菌剤、およびその他のタイプ)、用途(穀物および穀物、油糧種子および豆類、果物および野菜、芝および装飾品、および商業作物)。レポートは、インドネシアの作物保護化学物質市場の市場シェア、サイズ、およびボリュームの幅広い分析を提示します。レポートは、上記のすべてのセグメントの市場規模と値(USD)の予測を提供します。

市場スナップショット

Picture5
Study Period: 2017-2027
Base Year: 2021
CAGR: 4.1 %

Need a report that reflects how COVID-19 has impacted this market and its growth?

市場概況

インドネシアの作物保護化学物質市場は、2022年から2027年の予測期間中に4.1%のCAGRを記録すると予測されています。

2020年には、COVID-19のパンデミック中に封鎖と検疫が繰り返されたため、作物保護化学物質の生産と供給が制限され、それによって市場に影響を及ぼしました。作物保護用化学物質の生産は、投入物と労働力の不足により急激に減少しました。繰り返しのシャットダウンと輸送と通信の不足により、サプライチェーンが混乱しました。全体として、供給者から農場レベルまで、作物保護産業へのCOVID-19のパンデミックによって引き起こされた混乱は、生産量の減少をもたらしました。インドネシアの作物保護化学品市場の成長の主な要因は、人口増加による需要の増加、食品の安全性と品質に対する国内需要の増加、および新しい農業慣行の採用です。農地への化学または合成ベースの農薬散布の普及は続くと予想されます。殺虫剤は国で使用される主な製品であり、市場の43.3%のシェアを占めています。したがって、人間、動物、および環境の健康への懸念は、植物成長調節剤などのより安全な製品の成長を促進する上で重要な役割を果たす可能性があります。

レポートの範囲

作物保護化学物質は、害虫、病気、および雑草による作物の破壊を防ぐために使用される農薬のクラスを構成します。インドネシアの作物保護化学品市場は、原産地(合成およびバイオベース)、製品タイプ(除草剤、殺虫剤、殺菌剤、およびその他のタイプ)、用途(穀物および穀物、油糧種子および豆類、果物および野菜、芝および装飾品、および商業作物)。レポートは、インドネシアの作物保護化学物質市場の市場シェア、サイズ、およびボリュームの幅広い分析を提示します。レポートは、上記のすべてのセグメントの市場規模と値(USD)の予測を提供します。

Report scope can be customized per your requirements. Click here.

主要な市場動向

食料需要の増加と農業生産性の向上の必要性

In Indonesia, the agrochemical industry is witnessing steady growth, primarily due to the advancements in the pesticides and fertilizer industries. As a result of adopting business-friendly initiatives, and consequently, attracting the necessary investment and bridging structural gaps, significant progress has been made in recent years. Integrated pest management (IPM) is an all-inclusive, cost-effective, and eco-friendly approach for the evaluation and registration of pesticides that are utilized for the protection of crops. IPM plays a vital role in employing the most modern and all-embracing data pertaining to the life cycles of pests and their interaction with the environment. Most non-government organizations (NGOs), like foundations and research institutes, support the use of bio-pesticides. They provide scientific evidence that supports the use of bio-pesticides. However, challenges, such as limited access to capital for farmers and outdated infrastructure, restrict the growth of crop yield. The government successfully increased the use of mechanized agricultural technology, invested in infrastructure, and expanded the total area of farming land, which is leading to increased use of agrochemicals. Many new farming techniques are being adopted by the Ministry of Agriculture in Indonesia, such as organic farming, indoor farming, and vertical farming. Although the practice of new farming techniques is at the initial stages, the government is planning to increase the investments in new farming practices, as agriculture contributes to the major revenue in the country’s economy. このように、新しい農業慣行と革新の数の増加は、インドネシアでの作物保護化学物質の使用を奨励しています。

Indonesia Crop Protection Chemicals Market, Pesticides Usage in thousand metric ton , 2015-18

殺虫剤が市場を支配

インドネシアでは、殺虫剤がこの地域で最大の作物保護化学物質セグメントであり、除草剤と殺菌剤がそれに続きます。殺虫剤を使用する目的は、プランテーション内の不要なハーブや雑草を殺すことによって農業生産性を向上させることです。したがって、世界の食料需要を満たすための高い農業生産性に対する需要の増加は、主に殺虫剤市場の成長を促進します。さらに、人口の急増と可処分所得の増加により、食糧需要が高まり、インドネシアの農民は作物の生産性を高めるために農薬を使用するようになりました。過去数年間で、国内で登録されている農薬の数は劇的に増加しました。2022年、PTAgriconIndonesiaは新しいBrofreya53SC製品を発売しました。鱗翅目毛虫の根絶に役立つ特許製品です。

Indonesia Crop Protection Chemical Market, Herbicide Usage in thousand metric ton, 2015-2018

競争力のある風景

インドネシアの作物保護化学品市場は、シェアの面でさまざまな見通しを持っています。新製品の発売、パートナーシップ、合併と買収は、インドネシアの作物保護化学品市場の主要なプレーヤーが従ういくつかの主要な戦略です。インドネシアで農薬ソリューションを供給している主要企業はPTです。BASFインドネシア、シンジェンタインドネシアPT、Corteva Agriscience、およびPT。アグリコンインドネシア。

競争力のある風景

インドネシアの作物保護化学品市場は、シェアの面でさまざまな見通しを持っています。新製品の発売、パートナーシップ、合併と買収は、インドネシアの作物保護化学品市場の主要なプレーヤーが従ういくつかの主要な戦略です。インドネシアで農薬ソリューションを供給している主要企業はPTです。BASFインドネシア、シンジェンタインドネシアPT、Corteva Agriscience、およびPT。アグリコンインドネシア。

Table of Contents

  1. 1. 前書き

    1. 1.1 研究の仮定と市場の定義

      1. 1.2 調査の範囲

      2. 2. 研究方法

        1. 3. エグゼクティブサマリー

          1. 4. 市場のダイナミクス

            1. 4.1 市場概況

              1. 4.2 市場の推進力

                1. 4.3 市場の制約

                  1. 4.4 ポーターのファイブフォース分析

                    1. 4.4.1 サプライヤーの交渉力

                      1. 4.4.2 バイヤーの交渉力

                        1. 4.4.3 新規参入の脅威

                          1. 4.4.4 代替製品の脅威

                            1. 4.4.5 競争の激しさ

                          2. 5. 市場セグメンテーション

                            1. 5.1 元

                              1. 5.1.1 合成

                                1. 5.1.2 バイオベース

                                2. 5.2 製品グループ

                                  1. 5.2.1 除草剤

                                    1. 5.2.2 殺虫剤

                                      1. 5.2.3 殺菌剤

                                        1. 5.2.4 その他

                                        2. 5.3 応用

                                          1. 5.3.1 穀物と穀物

                                            1. 5.3.2 油糧種子と豆類

                                              1. 5.3.3 果物と野菜

                                                1. 5.3.4 芝と観賞用草

                                                  1. 5.3.5 商品作物

                                                2. 6. 競争力のある風景

                                                  1. 6.1 最も採用されている戦略

                                                    1. 6.2 市場シェア分析

                                                      1. 6.3 会社概要

                                                        1. 6.3.1 PT。BASFインドネシア

                                                          1. 6.3.2 シンジェンタインドネシアPT。

                                                            1. 6.3.3 コルテバアグリサイエンス

                                                              1. 6.3.4 PT。アグリコンインドネシア

                                                                1. 6.3.5 Biotis Agrindo

                                                                  1. 6.3.6 PT。アグログナマクマール(AGM)

                                                                    1. 6.3.7 PT。CBA化学工業

                                                                      1. 6.3.8 PT。Prima Agro Tech

                                                                        1. 6.3.9 PT。ニューファームインドネシア

                                                                          1. 6.3.10 PT。ロイヤルアグロインドネシア(ADAMAインドネシア)

                                                                            1. 6.3.11 UPLリミテッド

                                                                              1. 6.3.12 PT。インドネシアのケンソ

                                                                            2. 7. 市場機会と将来の傾向

                                                                              1. 8. COVID-19の市場への影響

                                                                                You can also purchase parts of this report. Do you want to check out a section wise price list?

                                                                                Frequently Asked Questions

                                                                                インドネシアの作物保護化学物質市場市場は2017年から2027年まで調査されています。

                                                                                インドネシアの作物保護化学品市場は、今後5年間で4.1%のCAGRで成長しています。

                                                                                PTロイヤルアグロインドネシア、PT。BASFインドネシア、シンジェンタインドネシアPT、PTアグリコンインドネシア、コルテバアグリサイエンスは、インドネシアの作物保護化学品市場で事業を行っている主要企業です。

                                                                                80% of our clients seek made-to-order reports. How do you want us to tailor yours?

                                                                                Please enter a valid email id!

                                                                                Please enter a valid message!