日本の避妊具市場-成長、傾向、COVID-19の影響、および予測(2022年-2027年)

日本の避妊器具市場は、タイプ(コンドーム、ダイヤフラム、子宮頸管キャップ、スポンジ、膣リング、子宮内避妊器具(IUD)、およびその他のタイプ)、および性別によって分割されています。

市場スナップショット

Market Snapshot1
Study Period: 2018 - 2026
Base Year: 2021
CAGR: 3.5 %

Need a report that reflects how COVID-19 has impacted this market and its growth?

市場概況

日本の避妊具市場は、予測期間中にほぼ3.5%のCAGRを登録する予定です。市場の成長を推進している特定の要因には、性感染症(STD)についての意識の高まりや、意図しない妊娠の割合の増加が含まれます。

国連経済社会局によると、2020年の日本人女性の避妊使用率は約56.6%で、2030年までに62.5%に達すると見込まれています。避妊薬や家族計画に関する認識も市場の成長に役立っています。したがって、上記の要因により、市場の成長を促進することが期待されます。

Scope of the report

As per the scope of the report, contraceptives devices have been barriers that attempt to prevent pregnancy by physically preventing sperm from entering the uterus. Contraception is more commonly known as fertility, and birth control is described as the method used to avoid pregnancy. They include male condoms, female condoms, cervical caps, diaphragms, and contraceptive sponges with spermicide. The Japan Contraceptive Devices Market is segmented by type and gender.

Report scope can be customized per your requirements. Click here.

主要な市場動向

コンドームは予測期間にわたって市場を支配すると予想されます

コンドームは、妊娠または性感染症(STI)の可能性を減らすために、性交中に使用されている鞘型のバリアデバイスです。市場には男性用と女性用の両方のコンドームがあります。それらを使用すると、淋病、クラミジア、トリコモナス症、B型肝炎、HIV/AIDSのリスクが大幅に減少します。それらはまた、性器ヘルペス、ヒトパピローマウイルス(HPV)、および梅毒からの保護の程度は低いです。

さらに、日本では、オカモトインダストリーズが最も広いコンドームの範囲を持っています。2019年には、オカモトはコンドームマニアと共同で、日本をテーマにしたコンドームと、HIV、HSV、およびHPVの最大99.9%を不活化することが医学研究で示されている特殊な殺菌剤でコーティングされた世界初のコンドームもデビューします。したがって、上記の要因を考慮すると、近い将来、大幅な成長が見込まれます。

Japan contra key trend 1.png

競争力のある風景

日本の避妊具市場は断片化された競争です。さらに、日本は意識の高まりにより、一部の小さなプレーヤーの出現を目撃しています。これはまた調査された市場が成長するのを助けました。市場のプレーヤーには、Reckitt Benckiser、Cooper Surgical Inc.、Abbvie Inc(Allergan PLC)、Merck&Co。、Inc、BayerAGなどがあります。

Table of Contents

  1. 1. 前書き

    1. 1.1 研究の仮定

      1. 1.2 調査の範囲

      2. 2. 研究方法

        1. 3. エグゼクティブサマリー

          1. 4. 市場のダイナミクス

            1. 4.1 市場概況

              1. 4.2 市場の推進力

                1. 4.2.1 性感染症(STD)についての意識の高まり

                  1. 4.2.2 意図しない妊娠の上昇率

                  2. 4.3 市場の制約

                    1. 4.3.1 避妊具の使用に関連する副作用

                    2. 4.4 ポーターのファイブフォース分析

                      1. 4.4.1 新規参入の脅威

                        1. 4.4.2 バイヤー/消費者の交渉力

                          1. 4.4.3 サプライヤーの交渉力

                            1. 4.4.4 代替製品の脅威

                              1. 4.4.5 競争の激しさ

                            2. 5. 市場セグメンテーション

                              1. 5.1 タイプ別

                                1. 5.1.1 コンドーム

                                  1. 5.1.2 ダイヤフラム

                                    1. 5.1.3 子宮頸管キャップ

                                      1. 5.1.4 スポンジ

                                        1. 5.1.5 膣リング

                                          1. 5.1.6 子宮内避妊器具(IUD)

                                            1. 5.1.7 その他のタイプ

                                            2. 5.2 性別

                                              1. 5.2.1 男

                                                1. 5.2.2 女性

                                              2. 6. 競争力のある風景

                                                1. 6.1 会社概要

                                                  1. 6.1.1 レキットベンキーザー

                                                    1. 6.1.2 Cooper Surgical Inc.

                                                      1. 6.1.3 Abbvie Inc(Allergan PLC)

                                                        1. 6.1.4 Merck&Co。、Inc

                                                          1. 6.1.5 バイエルAG

                                                            1. 6.1.6 マイラン研究所

                                                              1. 6.1.7 オカモトインダストリーズ株式会社

                                                                1. 6.1.8 ファイザー株式会社

                                                              2. 7. 市場機会と将来の傾向

                                                                **Competitive Landscape covers- Business Overview, Financials, Products and Strategies, and Recent Developments

                                                                You can also purchase parts of this report. Do you want to check out a section wise price list?

                                                                Frequently Asked Questions

                                                                日本の避妊具市場市場は2018年から2026年まで調査されます。

                                                                日本の避妊具市場は、今後5年間で3.5%のCAGRで成長しています。

                                                                Reckitt Benckiser、Cooper Surgical Inc.、Abbvie Inc(Allergan PLC)、Merck&Co。、Inc、Bayer AGは、日本の避妊具市場で事業を展開している主要企業です。

                                                                80% of our clients seek made-to-order reports. How do you want us to tailor yours?

                                                                Please enter a valid email id!

                                                                Please enter a valid message!